数年前、知人の結婚式出席のためヘアセットの予約をしました。
会場近くで探したため初めて行くお店でしたが、雰囲気も良くセットの値段もリーズナブルだったのでそのお店を選びました。
繁華街にあるおしゃれな美容室で、感じの良い男性の美容師さんでした。

そこで、あらかじめこんな髪型にして欲しいと決めておいた参考画像を見せながら、髪形をオーダーしました。
すると、「お客様の髪質では、このデザインは思うような仕上がりにならないと思います。」と言われたのです。
そういうこともあるとは思うので、仕方がないと思いました。
そこから、美容師さんにお任せで似た雰囲気のアレンジをしてもらうことになったのです。

ここまでは良かったのですが、アレンジをしている最中美容師さんから驚きの一言が。
「僕、ヘアアレンジって苦手なんですよね・・・。」
美容師さんも人間なのであり得ることかもしれませんが、それ、お客さんには言ったらだめでしょう・・・ととてもビックリしました。

親戚に美容師がいるので後日聞いてみたところ、確かにヘアアレンジは得意不得意があるとのことでした。
特にカットやカラー等がメインの美容室の場合、メニューにはあってもヘアアレンジを頼むお客様は少ないので、経験値もあまりなく予約が入ると緊張するそうです。
でも、お客さんにはやっぱり普通言いません。

案の定、私はとても不安な気持ちになり、「この人大丈夫?!」と気が気ではありませんでした。
実際完成したアレンジもイマイチ・・・。時間も他店よりかかってしまいました。

髪型が気に入らないと、人に会うのも憂鬱になります。
せっかくのお祝いの場だったにも関わらず、心のどこかで常に髪型が気になってしまったのでした。

あの美容師さんに言いたいことがあるとすれば、「お客を不安にさせるようなことは言ってはいけないでしょう。」ということです。
あと、「メニューにある以上は、苦手じゃなくなるくらいには頑張って練習してください。」と思います。
クレームを入れるほどではないですが、あのお店には二度と行くことはないでしょう。
お値段が安かったのが、せめてもの救いです。

その経験があってからは、『ヘアアレンジが得意と書いてあるサロン』『ヘアセット専門のサロン』『行ったことがあり信頼できるサロン』にしか行かないことにしています。
また、希望のヘアデザインも複数用意することにしています。
そのおかげか、以降は同じような体験をすることはなくなりました。

現在58歳で最近は針金のようだった縮毛+剛毛もコシとハリがなくなったせいでかなりしなやかになりいくらかは扱いやすくなりました。もともと持ち合わせた自分の個性を最大に重視したいため20歳代にストレ-トパ-マをかけた以降は、ストレ-トパ-マそのものが私の髪質には全く効果がないこともあって一切の矯正やパ-マをかけず独自のスタイリング方法でやっていく!という信念のもと、半年に一度のカット程度で美容院のアドバイスや施術を頼りにすることはせずに過ごして来ました。とにかく頑張って髪にはお金と時間をかけてきた半生でした。一番最初の美容室に通い始めた経緯は娘の幼稚園の卒園式に出席する際和服を着たため髪を結い上げるセットをしてもらうため園に近い美容院で朝早くからお店を開けてくれるところがないかと相談し、母から「●●という美容室で一度パ-マをかけたけどとても感じが良かったよ」という事で●●に通い始めることになりました。その美容室はオ-ナ-一人で切り盛りしている美容室でしたがオ-ナ-(美容師さん)が私と同い年であることと私と同じ髪質で同じ悩みを抱えていることから親近感を持ち対応も良かったのですっかりそこになじんでしまったことが間違いでした。確かに私はもともとロング派でこまめなカットは必要ないし自前でストレ-トアイロンや様々なヘアメイク製品を揃えているので色々なスタイルを楽しむことは美容院頼みでなくても出来るわけで、そこの美容室にとっては私は単価の安い客ではあったと思います。以上の経緯からなんと20年近くもその美容室一辺倒で過ごしてしまった私でした。技術は悪くないと思うけど娘二人をその美容室に行かせても「こういうスタイルをしたいと言ってもなんだかんだと難くせつけて、何度言っても美容師さんの思い通りにしかしてくれない」と言い娘二人はその美容室は敬遠し自分たちの好きな他の美容室に行く有様でした。

20年近くも通い今更他の美容室に行くことも面倒だった私でしたが2年前閉経したことをきっかけに髪の状態がメキメキと変わってきてさすがにあせりはじめました。髪のツヤがなくなり手触りもゴワゴワとして藁のようになり美容室で相談したら「だったらお金はかかるけど矯正かけるのがいいよ!いくらかかるかはわからないけどうちの美容室では絶対に髪が傷まない芸能人も使うような薬剤を使って矯正するし髪の量によって薬剤の使用量が変わるから最終的にいくらになるかはやってみなければ金額はわからないけど、うちの矯正は絶対いいよ。傷まずに手触りツルツルになって髪の量も半分になるしカ-ルもウエ-ブも思いのままにつけられるし」と言わ、れ思い切って予約してその日本一という縮毛矯正を施術してもらうことにしました。施術直前になって美容師は「あまり期待しないでね。かけてみないとどうなるかわからないから」と言い始め背筋が凍る思いがしました。大枚はたいても効果の期待を裏切られることも了承の上でやるわけ?と不安になりましたが美容師はもう髪を濡らし始めていたし私の本心としても「施術を受けないままだといつまでも悶々とするから、まずはやってもらおう」と清水の舞台からフライングの気持ちでやってもらいました。果たして効果はなかなかのものでしたが請求された金額は5万6千円でした。

北海道の田舎で5万6千円ってあんまりだよなと思いつつも生まれて初めての縮毛矯正で気分は上々でした。二か月くらい経ってトリ-トメントにその美容室に行きトリ-トメントのついでに「前髪少しそろえる?」と聞かれたので前髪だけはさみで三回チョキチョキとしただけでその日はトリ-トメント料金2500円プラスかっと代金3600円も上乗せして請求され、この件をきっかけに20年通った美容室には見切りをつけました。そして一年前に親友に紹介された美容室に行くようになりましたがそこが素晴らしい美容室でした。縮毛矯正もロング料金はなく年齢的にペッタンコになる矯正ではなく髪の質感とボリュ-ム感を変えるだけの矯正などメニュ-が豊富で美容師さんやアシスタントの対応がとても丁寧、そして一番大事な施術前のカウンセリングが丁寧ということもあり私だけでなく娘二人も昨年から行き始めた美容室の大ファンで「他の美容室には行こうと思わない」という程の満足ぶりです。こうして美容室を変えたことで当然私も今後も髪の手いれやスタイリングも頑張れる原動力にもなっています。

そのオプション料金、何のため?

三年ほど前に、髪が伸びてカラーも落ちてきてしまっていたので、普段行く所よりも近場の美容室を新規開拓しようと思い、行ったお店での事です。
たまたまクーポンがネットにあったので、そのお店に予約をして向かいました。
お店自体は清潔感のある、きれいなお店で、外からは一見ホテルのフロントのようなデザイン。店員さんはあまり笑わない表情がない印象でした。
お店に着くと簡単なカウンセリングを受けて、席に案内されました。その時にまず、私はクーポンを提示しました。
すると案内して頂いた店員さんに「これはカラーの割引ですが、リタッチの金額なんです。」と断られてしまいました。私は自分が気付かずにうっかりしていたんだと、その時は理解したのですが、後から再度確認したところ注意書きはされていませんでした。
その後、その美容室では自分につける美容師さんのランクによって、追加料金を払えば担当してもらえるようなお店でしたので、どのランクを要望するか聞かれました。
初めてだったこともあり、無難に考えて、上から二つ目の中間ランクを選びました。
その時点で追加料金は1000円発生しています。
しばらく待っていると、ある程度経験をつんできたであろう雰囲気の男性美容師さんが現れました。私はカットカラーを注文し、要望を伝えて、いざスタート。
しかしその当日は、カットといっても少し整えるようなもので、どちらかといえば重点はカラーでした。
まず少し髪を切ったあと、カラー剤をつくりますねといわれ、暫く待たされました。
次に現れたのは、アシスタントとして雇われている女性美容師さん。カラー剤を手にとり、塗り進めてくれました。
その後順調にカラー、シャンプー、ドライヤー、スタイリング・・・。実はカット以外の工程はすべてアシスタントさんがやってくださったのです。
私としては、仕上がりに文句は特になかったのですが、追加料金を払ってまでランクをきめたのに、ほとんどアシスタントさんにやってもらうことに疑問を感じていました。

終了が近付いた際に、アシスタントさんに「追加料金の意味はあるのか?」と聞いてみたところ
「カラー剤を混ぜた配合などは(ランクの美容師さん)に指示されているので・・・」と納得のいかない返答をいただいたのです。
それで割り切れる方もいらっしゃるかとおもいますが、私は1000円分の意義を感じられなかったので、そのまま二度と行かない美容室になりました。
お店の方には「追加料金をとるなら、ちゃんとその方に責任もって最後まで担当してほしい。」といいたいです。
ちなみにアシスタントさんでもかまわないという場合はそのランクを選べば追加料金はかからないのです・・・。
ちょっと何のためのランク付けなのか、私には理解できませんでした。

現在通っている美容室は、個人経営のちいさなところなので、予約をすればしっかりと店長さんが最後まで仕上げてくださいますし、髪のお手入れの仕方なども親切に教えてくださいますし、気に入っています。
美容室は安さで決めずに、必ずお店をリサーチすることを欠かしてはいけませんね。

学生の頃に友達と安い美容院を探し見つけたお店でした。お店の雰囲気は清潔感がありカジュアルな感じ、イスが4脚ほどしか置いていない小さなお店で、店員さんは気さくそうな方と物静かそうな方と店長さんらしき女性3人でした。

メニューはカットとカラーをお願いしました。カットは長さは変えたくなかったので、揃える程度にしました。カラーは明るめのブラウンでお願いしました。カットは揃える程度だったので問題はなかったのですが、カラーを始める前にシャンプーをしていただいたのですが、洗っている最中に首の辺りがバシャバシャになって心配になりましたが学生だったため、なにも言えず。その後、カラーをしてもらう時も他のスタッフと話しをしにいっているのか、少々お待ちください。と何度か店の奥の方に行かれたりしました。カラーだったので、放置してるとまだらになってしまうんじゃないかと心配でした。カラーを済ませ、最後のシャンプーで事件発生。

またお湯が首まで達し、首元の服が濡れてしまいました。その担当スタッフの方に言うとすみませんでした。と謝ってくれたものの、何故か半笑いでした。頭にきましたが、とりあえず髪を乾かしてもらうと思い、椅子へ戻りました。髪をドライヤーで乾かしてもらい、スタイリングをしてもらってその時は意外と綺麗に染まってるなーと思いました。ドライヤーで服を乾かそうとしてくれましたが、乾きませんでした。支払いの際に、服が濡れてしまったことを店長さんと担当のスタッフの方が謝ってくれましたが、シャンプーで服が濡れたのは初めてです。とキツめに言ったのですが、あまり反省の色は見えず、なにかサービスなどしてもらえるのかな?と思っていましたがなにもなかったです。

残念でしたが、せっかく美容院に行ったので、友達とそのまま遊びに行こうとなり遊んで自宅に帰りました。家族も帰宅し、美容院でこんなことがあったと話すと髪を見せてと言われ見せた所、生え際が所々染まっていなかったり、明るい部分と暗い部分があったりとやっぱりまだらになってました。もうそのお店は絶対に行かないです。こんなひどい美容院は初めてです。担当だったスタッフの方はもう一度、1から基礎を学び直してほしいです。その後は色んな美容院を何件か行き、今は私の髪質を活かしてくれたり、似合うスタイリングをして下さる美容師さんにお世話になっています。細かい所まで気を使ってくれたり、相談とかも乗ってくれる方です。この方に出会えて良かったです。

家の近くに新しい美容室ができ、外装がとても綺麗だったので行ってみようとずっと思っていた美容室だった。我が家は東京の中でも田舎に近い場所にあるため、美容室といっても妙齢の女性が通いたくなるような美容室は少なく、殆どがおば様達が経営するような美容室ばかりだったので、外装の新しさやスタッフ等の若さから期待値を高めながら来店した。入店時のスタッフの対応は、皆話上手な今風な人達だという印象を受けた。しかしながら私は美容室であんまり話しかけられるのは好きでは無いので、やや不安ではあった。ここから少しずつ不満はたまっていく。予約したにも関わらず、「こちらで少々お待ちください」と待ち合い場所のような場所に通された。最初は問診票のような、今日はどのような髪型にしたいか、どのように過ごしたいか等、アンケートに答えていたのでよかったが、書き終わって30分以上経つのに一向に席に案内されないどころか、アンケートの回収にすら来ない。この日、私は縮毛矯正をするため長い時間美容室にいる覚悟はしていたが、カットにとりかかってからが長いのにこんなに待たされるとは思っておらず、やや不満が募っていた。やっと席に案内され、アンケートを見ながらスタッフがどんな髪型にしたいか等を確認してきた。

アンケートに今日どのように過ごしたいかを書く欄があり、私は「あまり話しかけられたくない。ゆっくり過ごしたい」と記入していたので、あらかた説明を終えた後は、自分で持ち込んでいた本を読み始めようとしたが、やたらとスタッフが話しかけてくる。今読んでる本は何かとか、今日はこれから予定があるのかとか、美容室の雰囲気はどうだとか色々聞かれた。美容師は接客業なので、適度に話しかけられるのは許せるが、アンケートにあまり話しかけられるのは好きでは無いと記入しているぬも関わらず、こちらが本を読むことが出来ないほどに話しかけられるのは正直嫌だった。

さらに、話しかけてくる事自体あまり良く思っていないのに、話しかけてくる間美容師の手が止まるのだ。作業しながら話しかけてくるならまだ許せたが話に夢中で手が止まるなど言語道断である。今まで通っていた美容室ならば4時間程で終わるカット内容に、大体6~7時間かけられた。昼前に予約して入店したにも関わらず、外はもう日が暮れていた。話かけるなとは言わないからせめて手を動かしてくれ!と思わざるを得ない。今通っている美容室は、適度な距離感を保ってくれるし、何より作業が早いので、とても気に入っている。

安い!と思って申し込みました。前から2度ぐらいお世話になっていました。
入った時はいつも通りとても対応が良くていいなかもしれない!と思いました。
セミロングだった長さから肩から浮くぐらいにしたいとお願いし、髪も茶色系の暗くして欲しいと頼みました。

対応してくれたときも感じが良かったので安心しておりました...。
まず、髪を簡単にカットしてから染めるという流れでとりあえずで肩ぐらいまでにカットされました。カラー剤を「作ってきますね」と言われて待っていました。
では早速始めていきます。と言われて安心しながら雑誌を読んでいました。少し経ってふと頭を見るとあれ?なんかピンクっぽくなってる?...と思いました。そんなものなのかなぁ?と思ってたら美容師の方が「カラー剤はピンク系にバイオレットを混ぜたブラウンにしてみました!」と言われ...あれ?そんなこと言ったっけ?でも軽く乗るぐらいだよね?と思って「あ、はい」と返すだけになってしまいました(笑)

そのまま染めていき、シャンプーを終えて鏡を見たとき割と赤っぽくなっていて焦りました(笑)まあでも何かに支障があるわけではなかったので何も言いませんでした。
そのあとカットが始まりました。カットしていくといい感じのショートになりました。ショートになったあとに髪の毛はすきますか?と言われて軽くしたかったので知識のない私はそのままお願いします!となりました。
しかし"すく"ということは量が減るのだけではなく髪が短くなるということです。
この長さがいい!といったのにそこから髪が短くされていきついにベリーショートといってもいいぐらいになりました(笑)
もうあとがないし私もそんな文句を言える人間ではなかったので心の中に不満を納めてしまいました...。

この経験から感じたことは、まず自分が色味をざっくり言い過ぎないことや髪の長さをしっかり指定して、店員さんに聞かれたらそうするとどうなってしまうのかを確認してみることが大事なのだと思いました。
しかし反対に店員さんは、髪色を言われた時にイメージできる写真や髪色の見本がある冊子を見せて「これとこれを混ぜるとこんな感じになります」とアドバイスすることが大事なのではないかと思います。そして長さをしっかり覚えて、髪の毛を軽くするなら切る前に言うことです。順番がそもそもおかしいです。そういう丁寧な接客をしてくれる店員さんをこれから希望していきたいです。

https://morehagenailife.com

その美容院は前から行っている美容院だったのですが、アシスタントがおらずスタイリストのみで回している美容院で美容師の数がとても多く、指名しない限りは毎回違う人に当たっていました。それまでは特に嫌な思いをした事がなかったので、特に何も思わずに入店しました。
その日担当になったのは若い女性の美容師でした。あまり愛想もなく、最初から態度の悪い人だなという印象はありました。

私はいつもセミロングのカットで毛量調節で量を減らしてもらい、カラーをいれるというスタイルにしてもらっていました。毎回それで何も問題なくやつまてもらってたのですが、その美容師は私の髪を触りながら「え〜?毛量調節って言ってもペラペラじゃないですか〜?」とふざけた言い方で言いました。何がペラペラなのかよく意味もわかりませんでしたが、自分で髪を切った訳でもなく、いつもここでやってもらっているのにそんな風に言われてもどうしようもないですし、その言い方にムッとしましたが、とりあえずなるべく髪の毛を減らしてハネないようにしてほしいとオーダーしました。すると美容師は、「でも前の時にかなり髪をすいちゃってるみたいなんで、どうしてもハネやすくなるんですよね〜、髪質もありますし」と言いました。

私はいつもそのサロンで同じ位の長さになったところで同じオーダーをしていましたので、いつもはできたのに今回はできないなんて、ただのその美容師の腕不足なんじゃないの?と思いましたが、しょうがないのでその美容師に任せる事にしました。髪を切っている時や洗っている時の気遣いも何もなく、カラー液が顔についても知らんぷりで本当に態度の悪い人でした。こんかに嫌な人に当たったのは初めてだと思いました。結局カットも希望よりかなり短くされてしまい、「この位の長さにしないと髪の毛の量が落ち着かないから」と言い訳されました。できなかった事を全部こちらの髪質のせいにされましたが、普段はできてるんだからそんな言い訳通用しないのに無理に言い訳されてとても気分が悪かったです。できないなら別の人に変わって欲しかったと思いました。今は全く対照的な小さなサロンに通っていますが、スタイリストが一人だけでいつも同じ人が担当して下さるので何かと安心です。切っている時のトークも面白いですし、こちらの要望をしっかり聞いて下さるので思い通りのヘアスタイルになれてとても満足しています。美容師選びって本当大事だと思います。

私がまだ小学校低学年の頃、美容室は母と一緒に行っていて、当時嫌な印象を受けた店に入った時も母と一緒でした。人見知りだった私にとって、店内は少しピリピリした雰囲気で店員にも話しかけにくいな、ということもあり、当時の私はジェスチャーを加えて『この辺りまでお願いします』と切る長さを伝えると、その後母がついでに...と私のカットに関するオーダーで追加をいくつかしていました。現在もたまにあることなのですが、当時私は大人の男性に少し苦手意識というか...少し怖いといった気持ちがあったので、シャンプーもカットも男性だったので、不安を抱きつつシャンプーしてもらったところまでは何もありませんでした。カット台...でしょうか?案内されて、これからカットが始まるという時に更なる不安を抱きながらしてもらっていた時、母が店員に髪の毛多いからすいてあげてほしいとお願いしていました。意味がわからなかった当時の私ですが、カットして軽くなるなら何でもいいと思っていたので、特に気にしてはいませんでした。ある程度切って乾かしてもらった後に、最後の仕上げで整えてもらい、鏡を見た時にはオーダーしていたより少し短くなっていたことにショックで気を落としていました。会計も済ませ、店舗を出て母に髪を見てもらった時に『全然すいてないし言うてたより短くなる』と言って怒り、店舗にクレーム入れたところ、お願いしたより短いカットや、すくように言ったのにも関わらず店員は聞いてないと言って少し笑いを含めた口調でしたので、母は怒り二度とその店舗に行かなくなりました。私自身、当時何も分からず母と一緒に行っていましたが、今になれば最悪だなと思います。現在は店舗潰れたと聞いていますが、オーダーをしっかり聞けない、忘れたならもう一度聞くということが出来ないなら、カットしないで欲しいと店員に言いたいなと思います。また、雰囲気が和やかではなかったので、もう少しアットホームな感じを出すことは出来ないのかとも思いました。現在通っているところは、店内も明るく入りやすい温かな雰囲気もあり、通いやすくていいなと思っています。また、カットする長さをオーダーする時には『切ったらこのくらいになるけどいい?』と確認兼ねて聞いてくれるところや、カラーする際には出せる予算を聞いてくれるので、本当に優しい人達が集まる店舗で良かったと思っています。雰囲気、温かさ、優しさ、全てが気に入っています。