言い訳ばかりする美容師に遭遇した過去・・・

その美容院は前から行っている美容院だったのですが、アシスタントがおらずスタイリストのみで回している美容院で美容師の数がとても多く、指名しない限りは毎回違う人に当たっていました。それまでは特に嫌な思いをした事がなかったので、特に何も思わずに入店しました。
その日担当になったのは若い女性の美容師でした。あまり愛想もなく、最初から態度の悪い人だなという印象はありました。

私はいつもセミロングのカットで毛量調節で量を減らしてもらい、カラーをいれるというスタイルにしてもらっていました。毎回それで何も問題なくやつまてもらってたのですが、その美容師は私の髪を触りながら「え〜?毛量調節って言ってもペラペラじゃないですか〜?」とふざけた言い方で言いました。何がペラペラなのかよく意味もわかりませんでしたが、自分で髪を切った訳でもなく、いつもここでやってもらっているのにそんな風に言われてもどうしようもないですし、その言い方にムッとしましたが、とりあえずなるべく髪の毛を減らしてハネないようにしてほしいとオーダーしました。すると美容師は、「でも前の時にかなり髪をすいちゃってるみたいなんで、どうしてもハネやすくなるんですよね〜、髪質もありますし」と言いました。

私はいつもそのサロンで同じ位の長さになったところで同じオーダーをしていましたので、いつもはできたのに今回はできないなんて、ただのその美容師の腕不足なんじゃないの?と思いましたが、しょうがないのでその美容師に任せる事にしました。髪を切っている時や洗っている時の気遣いも何もなく、カラー液が顔についても知らんぷりで本当に態度の悪い人でした。こんかに嫌な人に当たったのは初めてだと思いました。結局カットも希望よりかなり短くされてしまい、「この位の長さにしないと髪の毛の量が落ち着かないから」と言い訳されました。できなかった事を全部こちらの髪質のせいにされましたが、普段はできてるんだからそんな言い訳通用しないのに無理に言い訳されてとても気分が悪かったです。できないなら別の人に変わって欲しかったと思いました。今は全く対照的な小さなサロンに通っていますが、スタイリストが一人だけでいつも同じ人が担当して下さるので何かと安心です。切っている時のトークも面白いですし、こちらの要望をしっかり聞いて下さるので思い通りのヘアスタイルになれてとても満足しています。美容師選びって本当大事だと思います。

このブログ記事について

このページは、ebibが2019年1月20日 10:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美容室店員に告ぐ!オーダーはちゃんと取れ!」です。

次のブログ記事は「こんなに短くなるなんて思ってもなかったし、なんで色味を相談してくれなかった?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13