そのオプション料金、何のため?

三年ほど前に、髪が伸びてカラーも落ちてきてしまっていたので、普段行く所よりも近場の美容室を新規開拓しようと思い、行ったお店での事です。
たまたまクーポンがネットにあったので、そのお店に予約をして向かいました。
お店自体は清潔感のある、きれいなお店で、外からは一見ホテルのフロントのようなデザイン。店員さんはあまり笑わない表情がない印象でした。
お店に着くと簡単なカウンセリングを受けて、席に案内されました。その時にまず、私はクーポンを提示しました。
すると案内して頂いた店員さんに「これはカラーの割引ですが、リタッチの金額なんです。」と断られてしまいました。私は自分が気付かずにうっかりしていたんだと、その時は理解したのですが、後から再度確認したところ注意書きはされていませんでした。
その後、その美容室では自分につける美容師さんのランクによって、追加料金を払えば担当してもらえるようなお店でしたので、どのランクを要望するか聞かれました。
初めてだったこともあり、無難に考えて、上から二つ目の中間ランクを選びました。
その時点で追加料金は1000円発生しています。
しばらく待っていると、ある程度経験をつんできたであろう雰囲気の男性美容師さんが現れました。私はカットカラーを注文し、要望を伝えて、いざスタート。
しかしその当日は、カットといっても少し整えるようなもので、どちらかといえば重点はカラーでした。
まず少し髪を切ったあと、カラー剤をつくりますねといわれ、暫く待たされました。
次に現れたのは、アシスタントとして雇われている女性美容師さん。カラー剤を手にとり、塗り進めてくれました。
その後順調にカラー、シャンプー、ドライヤー、スタイリング・・・。実はカット以外の工程はすべてアシスタントさんがやってくださったのです。
私としては、仕上がりに文句は特になかったのですが、追加料金を払ってまでランクをきめたのに、ほとんどアシスタントさんにやってもらうことに疑問を感じていました。

終了が近付いた際に、アシスタントさんに「追加料金の意味はあるのか?」と聞いてみたところ
「カラー剤を混ぜた配合などは(ランクの美容師さん)に指示されているので・・・」と納得のいかない返答をいただいたのです。
それで割り切れる方もいらっしゃるかとおもいますが、私は1000円分の意義を感じられなかったので、そのまま二度と行かない美容室になりました。
お店の方には「追加料金をとるなら、ちゃんとその方に責任もって最後まで担当してほしい。」といいたいです。
ちなみにアシスタントさんでもかまわないという場合はそのランクを選べば追加料金はかからないのです・・・。
ちょっと何のためのランク付けなのか、私には理解できませんでした。

現在通っている美容室は、個人経営のちいさなところなので、予約をすればしっかりと店長さんが最後まで仕上げてくださいますし、髪のお手入れの仕方なども親切に教えてくださいますし、気に入っています。
美容室は安さで決めずに、必ずお店をリサーチすることを欠かしてはいけませんね。

このブログ記事について

このページは、ebibが2019年1月20日 10:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本当に美容学校出たの?!と言いたくなったときの話。」です。

次のブログ記事は「人の弱みにつけこんでぼったくりだよ。本当にあった美容室での話。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13