お客に対してそれは言っちゃいけないでしょう・・・

数年前、知人の結婚式出席のためヘアセットの予約をしました。
会場近くで探したため初めて行くお店でしたが、雰囲気も良くセットの値段もリーズナブルだったのでそのお店を選びました。
繁華街にあるおしゃれな美容室で、感じの良い男性の美容師さんでした。

そこで、あらかじめこんな髪型にして欲しいと決めておいた参考画像を見せながら、髪形をオーダーしました。
すると、「お客様の髪質では、このデザインは思うような仕上がりにならないと思います。」と言われたのです。
そういうこともあるとは思うので、仕方がないと思いました。
そこから、美容師さんにお任せで似た雰囲気のアレンジをしてもらうことになったのです。

ここまでは良かったのですが、アレンジをしている最中美容師さんから驚きの一言が。
「僕、ヘアアレンジって苦手なんですよね・・・。」
美容師さんも人間なのであり得ることかもしれませんが、それ、お客さんには言ったらだめでしょう・・・ととてもビックリしました。

親戚に美容師がいるので後日聞いてみたところ、確かにヘアアレンジは得意不得意があるとのことでした。
特にカットやカラー等がメインの美容室の場合、メニューにはあってもヘアアレンジを頼むお客様は少ないので、経験値もあまりなく予約が入ると緊張するそうです。
でも、お客さんにはやっぱり普通言いません。

案の定、私はとても不安な気持ちになり、「この人大丈夫?!」と気が気ではありませんでした。
実際完成したアレンジもイマイチ・・・。時間も他店よりかかってしまいました。

髪型が気に入らないと、人に会うのも憂鬱になります。
せっかくのお祝いの場だったにも関わらず、心のどこかで常に髪型が気になってしまったのでした。

あの美容師さんに言いたいことがあるとすれば、「お客を不安にさせるようなことは言ってはいけないでしょう。」ということです。
あと、「メニューにある以上は、苦手じゃなくなるくらいには頑張って練習してください。」と思います。
クレームを入れるほどではないですが、あのお店には二度と行くことはないでしょう。
お値段が安かったのが、せめてもの救いです。

その経験があってからは、『ヘアアレンジが得意と書いてあるサロン』『ヘアセット専門のサロン』『行ったことがあり信頼できるサロン』にしか行かないことにしています。
また、希望のヘアデザインも複数用意することにしています。
そのおかげか、以降は同じような体験をすることはなくなりました。

このブログ記事について

このページは、ebibが2019年1月20日 10:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人の弱みにつけこんでぼったくりだよ。本当にあった美容室での話。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13